CLOSE
TOP > HOW TO > 崩れにくい肌作り パウダー編

崩れにくい肌作り パウダー編

HOW TO

これからの季節、暑くなるとファンデーションが汗で崩れますよね😥

みなさんはどのタイプのファンデーションを使っていますか?

パウダー、リキッド、クリーム、クッション、ジェルなど様々な種類のファンデーションがありますね。

今回はパウダーファンデーションで作る崩れにくい肌作りをご紹介します。

私自信一番よく使うファンデーションがパウダーファンデーションです。
理由は簡単にナチュラル肌を作れるからです。

パウダーファンデーションだとツヤ肌が作れない。は間違いです!!
使い方次第でツヤにもマットにも仕上がる万能ファンデーションなのです。
 

重要なのはブラシでつけること!

オススメなブラシはこんな感じのブラシ↓

左側のブラシは毛先がすいてあるので、パウダーが固まってつかず、ナチュラルに仕上げることができます。

乾燥肌、ナチュラルな仕上がりが好き、時短で綺麗に仕上げたい方にオススメです。

右側のブラシは毛がギュッと密集しているので左側のブラシに比べて、カバー力がでます。

毛穴が気になる、カバーしたい、という方にオススメです。

そして、これからの季節に崩れない肌にするには、まず、下地を顔に塗った後に、ティッシュオフをすること!

お顔の左右半分ずつ、ティッシュを顔に置いて、上から手でプッシュするだけです。(こすらないように)
小鼻の横もお忘れなく。

たったこれをするだけで、後からつけるパウダーファンデーションのつけすぎを防げたり、無駄なべたつきがなく、
メイクが長持ちします。

そして、組み合わせる下地は色がついている下地がオススメ。 

パウダーファンデーションをつける前の段階で、赤みやくすみ、毛穴をカバーしておくとファンデーションも必要最低限ですんじゃいます!

あとはブラシにとったファンデーションを顔の中心から外に向かってなじませていきます。
最初は薄いかな?くらいがベストです。
カバーしたいところにだけもう一度パウダーをブラシに取り、優しくポンポン叩き込みます。

全体を同じ厚みにしない事でお顔のメリハリが残ります。

ファンデーションは厚くなればなるほど、崩れた時に修復が難しかったり。崩れも目立ちます。

時短メイクの強い味方でもあるパウダーファンデーション、ぜひ
①色つき下地と合わせる(BBクリームやCCクリームも可)
②下地のあとはテッシュで抑える
③ブラシでつける

を試してみてください☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道駅から徒歩6分
“自分に似合うメイクがわからない”を解決
青山にて完全マンツーマンメイクレッスンサロン【Novum】
ご予約受付中です☆ご予約はこちらから↓
https://reserva.be/novum489

メイクアップアーティスト
植木 祐里加

カテゴリー一覧