CLOSE
TOP > ベースメイク > チークの基本の入れ方

チークの基本の入れ方

ベースメイク

こんにちは!

今日はチークの基本についてご紹介いたします。

チークと言えば頬の広い位置に入れていくアイテムなので、入れ方や、色味によってメイクの印象を左右します。

色の選び方はリップの色味と合わせるとメイクのバランスがよくなります。

まずはチークをブラシに含みます。




画像のようにチークをブラシに含む時はブラシの毛先部分ではなく、ブラシの面の部分にとります。

毛先にとってしまうと、毛先の細い部分にだけパウダーがつき、肌に乗せた時に村ができやすくなります。

面の部分にパウダーを均一に含むことによって、肌につけた時に均一に色がつきやすくなります。

つける位置はニコッと笑った時に高くなるところです。

小鼻よりも下に行かないようにします。



先ほどブラシの面部分に含んだチークを顔にのせるときにも、ブラシの面がしっかりと肌に当たるようにします。

顔に対してブラシが直角にならないように注意です。

肌からブラシをあまり離さないようにし、ブラシをスライドさせます。

チークはただ頬の全体につけるというよりは、高さを出したいところが一番濃くなるようにグラデーションを意識することが大切です。

肌の上で馴染みすぎてしまわないように濃さの濃淡を出してみましょう^ ^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道駅から徒歩6分
“自分に似合うメイクがわからない”を解決
青山にて完全マンツーマンメイクレッスンサロン【Novum】
ご予約受付中です☆ご予約はこちらから↓
https://reserva.be/novum489
メイクアップアーティスト
植木 祐里加

カテゴリー一覧