CLOSE
TOP > アイブロウ > 眉毛を描く道具

眉毛を描く道具

アイブロウ

こんにちは!

今日は、眉毛を描くときに使用するアイテムについてご紹介します!

アイテムによって眉は印象が変わります。

アイテムはペンシル、パウダー、ジェル、マスカラ、ティント、リキッドなど様々なアイテムがあります☆

まず一番ポピュラーなのがペンシル。
毛のたりない部分を自然に埋める事ができ、かつボカすこともできます。
眉尻は毛が足りない方が多い部分なので、ペンシルで書き足すことにより、長さや太さの調整ができます。

続いてはパウダーです。
パウダーは、ふんわりとしたニュアンスが出せます。
眉毛が元々しっかり生えている方はパウダーのみで仕上げてもナチュラルで素敵です。
ですが、眉毛があまり生え揃ってない方がパウダーだけで仕上げると取れやすいので、ペンシルで毛が足りない部分を描いてから、パウダーを使用するのがオススメです。

続いてはリキッドです。
リキッドは細く細かいラインが描けるので、毛が少なかったり、本物の毛並みのように足したい方にオススメです。
色は薄めのブラウンが使いやすく、ウォータープルーフのものだとこれからの暑い季節も落ちにくく、描きたての繊細さを保ちやすいです。

最後は眉マスカラ。
眉マスカラは使うだけでメイクが垢抜ける優れもの!
眉を描いたペンシルやパウダーと、自眉の色をなじませ、顔の印象も和らげます。

これらを自分のなりたい眉に合わせて選んでいきます。

ふんわり眉なら、パウダー×眉マスカラ
キリッとした眉なら、リキッド×眉マスカラ
眉毛があまり生えていないorまばらなら、ペンシル×パウダー
眉毛が取れやすいなら、リキッド×パウダー

など組み合わせた方は様々です(^ ^)
パウダーをペンシルやリキッドの後に使用すると全体的にふんわりと仕上がり、セット力も増すので、オススメです^ ^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道駅から徒歩6分
“自分に似合うメイクがわからない”を解決
青山にて完全マンツーマンメイクレッスンサロン【Novum】
ご予約受付中です☆ご予約はこちらから↓
https://reserva.be/novum489

メイクアップアーティスト
植木 祐里加

カテゴリー一覧