CLOSE
TOP > ベースメイク > 化粧水をしっかり染み込ませる方法

化粧水をしっかり染み込ませる方法

ベースメイク

こんにちは!

今日は、化粧水のつけ方をご紹介致します!

化粧水はなにでつけていますか?

“手”派か“コットン”派に分かれると思います。
どちらにもメリットがあるので、やりやすい方でOKです!

今日はコットンでつける場合です。
コットンでつけるメリットは、化粧水がまんべんなく肌に塗れると言うことです。

①動画のように、コットンに化粧水を500円硬化大ほど出します。
②顔の中心から外側に向かって化粧水をなじませます。(この際顔をこすらないように、優しくスライドさせるだけ。)
③ほほ、おでこ、あご周り、鼻周りにしっかり化粧水が馴染んだら、優しくパッティングをします。(この際も力が入ると肌の赤みが出てきたりするので、優しく空気を肌に押し当てるようにする。)
④パッティングの後、顔を触ってみて、ひんやりするくらいが目安になります!!

この“ひんやりするくらい”がポイントです。

肌に化粧水が入りましたよ、と言う合図と共に、肌の温度が下がり、汗や化粧崩れ防止にも繋がります!

是非朝は化粧水でパッティングをして、崩れにくいベースを手に入れましょう^ – ^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表参道駅から徒歩6分
“自分に似合うメイクがわからない”を解決
青山にて完全マンツーマンメイクレッスンサロン【Novum】
ご予約受付中です☆ご予約はこちらから↓
https://reserva.be/novum489

メイクアップアーティスト
植木 祐里加

カテゴリー一覧